木の道通り

ゆっくり散歩するのもいいですね

先週凱旋門賞の生中継をワンセグで見ていました。
牡馬三冠を取った日本を代表するオルフェーブルが世界に挑戦する一大レースでした。
日本でも活躍しているスミヨン騎手が騎乗し、惜しくも2着に敗れました。

2着に敗れたと言っても、圧倒的な走りを見せました。
それによって一層競馬は盛り上がっていると思います。

しかしそんな華やかなドラマを生み出す競馬界ですが…。
馬に騎乗する騎手の心境を考えると、中々気苦労が多いと感じてしまいます。

先日牝馬三冠を成し遂げたジェンティルドンナに騎乗していた岩田騎手もそうです。
無事勝利する事が出来たからこそ、ファンからも熱い声援を得られています。
もしも圧倒的一番人気のジェンティルドンナが秋華賞で負けていたら…。
ファンから熱い声援どころか、罵声を浴びる事になってしまいます。

実際は秋華賞よりも、三冠馬になった今からが恐ろしいところです。
三冠馬になった事でより一層ジェンティルドンナの期待は上がります。
競馬もお金が掛かっている分、負けた時のファンからの罵声は凄まじい物になるのです。

騎手の苦労を考えると、今年一番苦労したのは池添騎手ではないかと思いますね。
池添騎手は今回凱旋門賞に出馬した三冠馬、オルフェーブルの騎手です。
三冠を取った時も当然ですが、オルフェーブルにはずっと池添騎手が騎乗していました。

三冠を取った後も女傑ブエナビスタの引退レースとなる、有馬記念に出馬しました。
古馬に混じっても圧倒的な強さを見せ、より注目度は増しました。
しかしその後、天皇賞でまさかの大敗となりました。

オルフェーブルは元々気性の荒い馬で有名です。
乗りこなすのもかなり大変だと騎手の間では言われています。
阪神大賞典ではその気性を抑える事が出来ず、コースを逸れてしまいました。
それでも2着にまで追い詰めた圧倒的強さを見る事が出来ましたが…。
圧倒的強さを見せたからこそ、騎手への批判が殺到しました。

強い馬に乗ると言う事は、負けが許されないのだと思います。
宝塚記念に出馬する事で、オルフェーブルと池添騎手の信頼は取り戻す事が出来ましたが…。
凱旋門賞では池添騎手がオルフェーブルに乗る事はありませんでした。

スミヨン騎手は元々海外に慣れている為、信頼感はあります。
しかし池添騎手は海外での実績がありません。
凱旋門賞で乗る事が出来なかったのは、池添騎手にとってどんな気持ちなのかと考えてしまいます。

凱旋門賞を終え日本に帰って来たオルフェーブルですが…。
現在は次走の騎手が誰になるのかはまだ発表されていません。
私的にはまた池添騎手に戻って欲しいと思いますが、まだまだ判らない状況ですね(^^;)

No Comments :(

Comments are closed.