木の道通り

ゆっくり散歩するのもいいですね

この年になってと思われるかもしれませんが、ピアノ教室に通いたいなあと思っています。
今までピアノを習ったことはないのですが、なぜか我が家にはピアノがあります。
といっても電子ピアノですのでピアノと呼べるのかどうかわかりませんが、音はきちんと出ます。
せっかくあるので、何か1曲でも弾けたらなあといつも思うのです。
楽譜がまず読めないので、ドの音からひとつずつ数えていくうちにもう嫌になってしまいます。

習いにいったからといって楽譜が読めるようになるわけではないでしょう。
それはわかっているのですが、独学でやれるほど音楽のセンスがあるとは自分では思えません。
人に教えてもらってやっと弾けるようになるのでは、という感じです。
今はちなみに、子どものころ教えてもらった猫ふんじゃったしか弾くことができません。
それでも立派なものではないかと言われますが、黒鍵を叩いているだけですからね。

先日、主人がそろそろ新車が欲しいと言っていましたが、ピアノ教室の送り迎えもしてくれるかも?と期待しています。
主人はせっかく買うなら今後の事も考えて、エルグランドのような大きい車がいいと言います。
エルグランドは確かにいいけれど値段も心配…と思っていたら、今はエルグランドの値引き額って大きいんですね。
これなら家計にも安心です。

ピアノが弾きたいといきなり言い出したのには理由があります。
先日、プロのミュージシャンのコンサートに招待されていくことになりました。見るのは初めての人です。
お名前はもちろん知っている人でしたが、実際に生で声を聞くのは初めてで緊張してしまいました。
その方がピアノで弾き語りをして全国ツアーをなさっているというのです。
友人に「一回見て欲しい」といわれていったのですが、とても感動しました。

お声も歌もとても素晴らしいのですが、ピアノの演奏がすごくステキなのです。
それが上手なのかどうかまではわかりませんが、心に響く演奏をされる方でした。あれこそセンスなのかもしれません。
例えばチューリップやちょうちょうを演奏したとしても、何かものすごい技術でもって弾いているように聞こえるものなのでしょう。
そういうことを難しく感じさせずにさらっとやるのが、やはりプロなのですね。

その日に演奏をみたことで、私の中の「あんな風に!」という気持ちに火がつきました。
とはいうものの、全く弾いたことがない素人が一からどこまで出来るものなのか。
小さいころにやるのとはわけが違いますからね。
指の節ひとつとっても、カチカチに固まってしまった大人なわけですから、一筋縄で習得するというのは難しいでしょう。
それでも諦めずに続ける心があるのか。ここからは自分との勝負ですね。

No Comments :(

Comments are closed.